事業の流れ

企業様に外国人実習生・技能実習生受入、など様々な活動で支援いたします!事業の流れです。

プリントアウトしていただき、ありがとうございます。
ご質問、お見積り、詳細などご不明な点がありましたら、お気軽にご連絡下さい。
【TEL】 052-522-4718
CIC協同組合

外国人技能実習生 受入事業 流れ

CIC協同組合 »  外国人技能実習生・受入事業の流れ

実習生 受入れ申込みから帰国まで

実習生受入れ・在留資格等に関する手続き(送出し国側、入国管理局等への事務手続きなど)は、すべてCIC協同組合が行います。 当組合は送出し国の迅速・正確な入国・在留などに係る事務手続き、及び受入れ後の研修生・実習生に対するフォローに力を注いでいます。

実習生受入れ準備

受入れ企業研修ニーズの把握

打ちあわせ

申込み

企業側で実習生受入れ決定後、協同組合へ加入し、申込み。

送り出し国より実習生募集

現地送出し提携企業が、優秀な実習生を募集します。

書類選考・面接

受入れ企業の訪中面接・視察により、推薦候補者から書類選考・試験・面接を実施し、実習生を決定します。

事前教育(約3ヶ月)

来日前、現地にて日本語の学習を中心に、日本文化や習慣など日本滞在に必要な基礎知識の研修を3ヶ月にわたり実施します。

出入国手続き

入国

集合研修スタート

日本語学校において、研修カリキュラムに沿って、約1ヶ月間の研修を実施します。

研修結果の評価

技能実習生への移行希望者は、技能検定基礎2級を受験し、合格者は企業と雇用契約を結び、 1年または2年にわたり、日本人従業員と同様の条件のもとで業務に就き、技能の習練度を高めます。 (JITCOが実施)

実習生帰国

通算2年、または3年間の研修・技能実習を無事やり遂げた後に帰国します。

  • HOME
  • 外国人技能実習生 受入[受け入れ可能国15カ国]
  • 外国人技能実習生 受入可能職種
  • 外国人技能実習生 受入事業 流れ
  • 外国人技能実習生 受入事業 概要
  • 外国人技能実習生 よくある質問
  • 情報提供事業/資源再生・共同購買
  • 情報提供事業/障害者就労移行支援
  • 組合概要
  • お問合せ
  • 全国中小企業団体中央会
  • FSUN交連支援交流協会
  • JITCO財団法人国政研修協力機構
  • 全国ビジネスサポート
  • 障害者就労移行支援事業/障がい者自立支援協会
  • 技能実習生からの相談窓口
  • 熊田社会保険労務士事務所

CIC協同組合

愛知県本部

〒461-0005
名古屋市東区東桜
2丁目9番34号成田ビル高岳

052-508-5050

052-508-5051

info@chuubu-ic.com

関東事務所

〒344-0015
埼玉県春日部市赤沼666-14

048-797-5886