中部産業協同組合

企業に外国人技能実習生の受入、など様々な活動で支援いたします!

プリントアウトしていただき、ありがとうございます。
ご質問、お見積り、詳細などご不明な点がありましたら、お気軽にご連絡下さい。
【TEL】 052-522-4718
中部産業協同組合

組合挨拶

日本における外国人技能実習生の受入れは、多くの企業が海外に進出するようになった1960年代後半頃から実施されてきました。
まず、海外に進出した多くの企業は、現地法人や合弁会社、取引関係にある企業の社員を日本に呼び、関連する技術や技能、知識を自社内で効果的に取得させます。 そのあと、その社員は現地の会社に戻り、習得した技術を発揮します。
このように外国人技能実習生の受入れは、行われてきました。
そして今現在、外国人技能実習生を受け入れる事の重要性・将来性そして責任など、実習生の社会的立場や権利を守ることが大切です。

当組合は今後も企業の発展に協力できる体制と、相互扶助の誠心に基づき組合も共に成長したいと考えております。 

中部産業協同組合は、以下の団体に加盟しております。

1 全国ビジネスサポート協同組合連合会 2 全国中小企業団体中央会
3 外国人技能実習生受け入れ団体中央連絡協議会
4 国土交通省特定監理団体 5 CIC協同組合同友会

組合からのお知らせ

2016.08.05 7月31日に、全国ビジネスサポート協同組合連合会主催
『第10回全国外国人技能実習生日本語弁論大会』に参加しました。


(写真をクリックすると拡大します。)

2016.02.22 組合員の皆様へ
平成28年4月より「障害者雇用納付金制度」の対象事業主拡大に伴い、申告・納付が必要となります。 常時雇用する労働者数が100名以上の企業は申告が必要となります。また、障害者の法定雇用率に満たない企業に関しては納付金が発生します。

2015.10.30 2015年10月25日に、外国人技能実習生日本語弁論大会を開催しました。
その中で、ベトナム実習生のカンタイントウンさんが努力賞を受賞しました。


2015.01.27 2月26日JITCO本部にて、常務理事 都筑健介様のご紹介により在ウズベキスタン特命全権大使 加藤文彦様との情報交換を行う事と成りました。
今のウズベキスタンの現状や、国民、政府関係者を含め親日国家である事を再認識することができ、 外国人技能実習生事業に於いてもウズベキスタン政府を挙げて積極的に取り組みたいとの発言と支援を約束して頂けました。
今後当組合にとっても今後取り組んで行きたい国である事を伝えました。

今後このようなウズベキスタンに対する質問やご興味・意見などが御座いましたら、
組合問い合わせフォームよりお送り下さいますよう宜しくお願い致します。

過去のお知らせはこちらへ »

【外国人技能実習生制度について】
財団法人国際研修協力機構(JITCO)の指導に基づいて行われている制度で、アジア諸国発展に役立てる事を目的とした日本政府公認の事業です。
受入れ方法・人数枠、制度活用のメリット、主な流れなど詳しい情報は、
外国人技能実習生 受入事業ページをご覧下さい。

技能・技術・知識の移転を通じた人材育成に基づく国際貢献である。

  • HOME
  • 外国人技能実習生 受入[受け入れ可能国15カ国]
  • 外国人技能実習生 受入可能職種
  • 外国人技能実習生 受入事業 流れ
  • 外国人技能実習生 受入事業 概要
  • 外国人技能実習生 よくある質問
  • 資源再生事業
  • 障害者就労移行支援事業
  • 組合概要
  • お問合せ
  • 障害者就労移行支援事業/障がい者自立支援協会
  • JITCO財団法人国政研修協力機構
  • 全国ビジネスサポート協同組合連合会
  • 技能実習生からの相談窓口
  • 熊田社会保険労務士事務所

中部産業協同組合

愛知県本部

〒461-0005
愛知県名古屋市東区東桜
1-14-12イースタンビル本館

052-959-4377

052-959-4388

info@chuubu-ic.com

関東事務所

〒344-0015
埼玉県春日部市赤沼666-14

048-797-5886

財団法人国際研修協力機構(JITCO)の会員である中部産業協同組合は、 外国人技能実習生受入支援を中心に資源再生事業、 情報提供事業を行っております。